店販塾

美容室での商品の販売を“店販”と言いますが、
その店販に焦点を当てたセミナー<店販塾
に初めて参加をしてきました。

店販に注力されてるサロンが増えていると
感じる一方で

・店販に押し売り的な感覚をもっている・・
・断られたら気まずくなる・・・
・私は技術者で営業ではない・・
・店販はアシスタントが・・

今でもこのような思いで仕事をされている方も
多いのではないでしょうか。

参加者の中心は美容室の方々。
店販に関する課題や悩みをお持ちの美容室の
方々が参加されるセミナー・・

ではありませんでした。

 店販1億円(期間や規模は未確認)の実績を
 上げたマネージャーのシェア。
 お客様と自分(スタッフ)との間の空気を
 どう作るかを常に考えていらっしゃいました。
 正にお客様の為。あるべき真の提案営業・・

 アシスタント3ケ月で店販10万円を経験させた
 その先輩のシェア。
 販売をサポートした経緯やアシスタントが販売
 して初めて感じたお客様との距離感・・

 カウンセリングに力を注ぐ美容室のシェア。
 カウンセリング基本は<悩みと希望>
 それをお客様の前でアシスタントに伝え
 お客様に安心感を・・

 お客様の対応をストーリー化。
 朝礼で今日来店されるお客様の対応を
 ストーリー化する。それを全員とシェア。
 そしてロープレの実施・・

 悩みを聞き出し店販に繋げるストローク。
 悩みを聞き出す前に褒めることから始める。
 そして商品説明の時間を作ってもらう・・

ほんの一部ですが、このようなリアルな
実践例を惜しげもなく発表します。

実践し成果を上げている美容室の方々が
更に学びの場を求めて参加するセミナー
これが<店販塾>なのかもしれません。

皆さんは答えられますか?

①カラーをしないより、した方が良い理由・・
②ホームカラーより、店舗でカラーをした方が良い理由・・
③他店より、私の店の方が良い理由・・

自社に置き換えると・・・

①紙での管理より、電子データで管理したほうが良い理由
②エクセルの管理より、POSシステムで管理した方が良い理由
③他社のPOSシステムより、A’staffの方が良い理由

さっそく、営業全員に問いかけました。
それも<エレベータ・トーク>で答えられるように。

インプット 80%
アウトプット 20%

かなりのインプット3時間でした。
これからアウトプットしてきます!